シマノ 14スコーピオン200,15クラド200用 NEWマイクロキャストスプール

シマノ 14スコーピオン200,15クラド200用

NEWマイクロキャストスプール

モデル名

Microcast Spool 14SCP2050R(溝深さ5.0mm)

商品紹介

リール:14スコーピオン200
リールに装着済みのavail製品
Microcast Spool 14SCP2050R レッド
ヘキサゴナルスタードラグ レッド
オフセットハンドルSTi 105mm ブラック
メカニカルブレーキノブ ブラック
EVAノブ
GMノブキャップ レッド

リール:15クラド 201HG
リールに装着済みのavail製品
Microcast Spool 14SCP2050R ブラック
ヘキサゴナルスタードラグ ブラック
オフセットハンドルSTi 90mm ガンメタ
メカニカルブレーキノブ ブラック
EVAスリムノブ
GMノブキャップ ガンメタ

シマノ14スコーピオン200、15クラド200、15シティカ用Microcast Spool 14SCP2050Rです。
※純正SVSインフィニティとブレーキブロックを移植してご利用ください。
純正スプールではラインキャパがちょっと多いな、と感じるユーザー向けのフロロ12lbラインを100m巻けるラインキャパシティ。
スピナーベイト、クランクベイトなどのバスでの使用はもちろん、ロックフィッシュやライトジギングなどのジャンルにもこのリールの活躍の場は少なくないでしょう。そんなジャンルを問わず、ルアーフィッシィングを楽しみたいあなたにオススメのスペックです。

Microcast Spool 14SCP2050R(溝深さ5.0mm)

Microcast Spool 14SCP2050R ブラック

ブラック

Microcast Spool 14SCP2050R レッド

レッド

Microcast Spool 14SCP2050R バックビュー

バックビュー

スペック

基本仕様

材質 スプール部分:超々ジュラルミン(アルマイト加工により着色)
シャフト部分:ステンレススチール
主要サイズ Microcast Spool 14SCP2050R
溝深さ:5.0mm
適合リール 14スコーピオン 200,201,200HG,201HG
15クラド 200PG,200,201,200HG,201HG
15シティカ 200,201,200HG,201HG

重量について

スプール 重量
Microcast Spool 14SCP2050R 10.1g
14スコーピオン200HG純正スプール 14.2g
15クラド201HG純正スプール 14.2g

※純正スプール、弊社製スプール共に、SVSのない状態で測定したものです。

ラインキャパシティ

スプール 12Lb
φ0.285mm
14Lb
φ0.310mm
16Lb
φ0.330mm
14SCP2050R 100m 90m 80m

山豊テグス(株)様のフロロカーボンライン(FLUORO VALUESTAR)を使用して計測しました。


商品購入

Microcast Spool 14SCP2050R



本体価格:9400円
Microcast Spool 14SCP2050R BLK
カラー:ブラック


本体価格:9400円
Microcast Spool 14SCP2050R RED
カラー:レッド

関連商品 SVS インフィニティ4用プラー



価格:940円
SVS インフィニティ4用プラー


使用方法

※ここでは弊社スプールのMT1332Rを使用して解説しています。

スプールリムを用いてサミングをしますと、摩擦によりアルマイトが剥がれるおそれがあります。サミングはスプールの糸巻き面で行ってください。
純正スプールからのSVSインフィニティの取り外しについては、パーツの破損に十分ご注意ください。
SVSブレーキの個体差により取り付けがゆるい物があるようです。
ゆるい場合、接着剤で固定してご使用ください。

1.純正スプールを用意します。

2.SVSインフィニティより純正ブレーキブロックを外します。

3.プラーのネジの穴の端面に、ネジの先端が来ている事を確認して下さい。

4.純正スプールをしっかりと押さえながら、プラーの爪をSVSの切り欠きの部分に真っ直ぐに差し込みます。

5.プラーを左右いずれかの方向に5mm位回します。

6.純正スプールをしっかりと押さえたまま、プラーを引っ張った時にプラーの爪がSVSをしっかりと捉えているのを確認しながら、ネジを時計回りに回します。

7.少しづつSVSが浮いてくる(外れてくる)ので、スプール軸より完全に外れるまでネジを回します。

8.ネジを半時計回りに回して(完全に抜いてしまっても構いません)、プラーよりSVSを外します。

この時のSVSは指で摘みづらいので、ピンセットなどをご利用頂いても宜しいかと思います。その際にはSVSを摘んだ状態で、前後左右に揺することで外れやすくなるかと思います。

それでも外れづらい時には、上の写真の様にプラーの爪が正しくSVSの切り欠き位置にはまっているのを確認してから、ネジを時計回りに回してSVSを下方に少し押した後、再度ネジを半時計周りに回して緩めることで外れやすくなります。(無理に取外すなどしてSVSに傷をつけたり、破損しないようご注意下さい)

9. SVSが外れました。

10.SVSインフィニティを弊社スプールMT1332Rに装着して下さい。

11.純正ブレーキブロックを装着して完了です。
※取り外し、取り付けは、お客様の責任において行ってください。